最新の鋳造解析技術を駆使して高強度で軽量化に優れた製品を量産しており、多くの自動車メーカーに供給しています。

独自の自工程完結システム

「品質は工程でつくりこむ」を合言葉に従業員が一丸となり、各工程で不良品を次工程に流さない「自工程完結型」の仕組みづくりに日々取り組み、独自の製造ラインを構築し、多様化する市場ニーズに対応しています。

1.鋳造ライン
高延性そして耐食性に富んだアルミ合金素材を社内溶解で不純物を排除しながら厳しい社内基準をクリアした溶湯をつくります。これを金型内に充填させてホイールの鋳物を作製した後、熱処理で素材の強度を確保してから切削工程に進みます。

2.切削加工ライン
ホイール素材の表面を削って寸法精度を確保するほか表面の光沢仕上げも実施します。

3.塗装工程ライン
耐食性を確保するために前処理や下塗り塗装を行います。最後に上塗り塗装を施してホイールが完成します

製品への取り組み
品質保証体制