ご挨拶

当社は、1976年(昭和51年)九州地区への自動車メーカーの進出に伴い、西日本地域 を中心とした供給拠点として設立 しました。以来、トピーブランドのホイールを供給し続け、今日では国内外におけるアルミホイール製造のパイオニアとして活動しています。

乗用車用スチールホイールから生産を開始し、1985年(昭和60年)には乗用車用 アルミホイールの生産を開始しました。歳月を重ねる間にバブル経済の崩壊やリーマンショックや東日本大震災を経験し、日本の産業界でよく言われた「六重苦」から構造改革を断行して、徹底した国際競争力に対応した体質強化を図り、商品企画から製造までの一貫した「モノづくり」体制の構築により、その品質の優秀さはお客様から幅広い信頼をいただいています。

私たちは「To the next originality」をスローガンとし、これから 100 年先も社会に貢献し続ける企業として製品創造への研鑽を怠らず、お客様の期待を超える製品を提供し続けて参ります。

今後とも一層のご支援ご愛顧をお願い申し上げます。


会社概要

社名:九州ホイール工業株式会社

所在地 :福岡県京都郡苅田町長浜町45番地

設立:1976年(昭和51年)11月

資本金:100百万円 (出資比率:トピー工業株式会社 100%)

事業内容:自動車用車輪、部品の製造加工、輸入および販売

代表者代表取締役社長 中 正幸

従業員数:330名(派遣社員含む)

売上高:10,731百万円(2019年度)

主要納入先(敬称略) トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、スズキ株式会社、トピー実業株式会社

沿革

1976年11月:九州ホイール工業株式会社設立

1977年10月: 日産自動車株式会社様へ納入開始

1985年05月 :アルミ第一工場稼働開始

1985年08月 :日産自動車株式会社様向けシンクロ納入開始

1985年12月 :九州初の「PM優良事業場賞」受賞

1991年05月アルミ第二工場稼働開始、金型センター稼働開始

1992年12月トヨタ自動車株式会社様へ納入開始

1997年12月: ISO9002認証取得

1999年07月:ISO14001認証取得

2003年07月:ISO9001 2000年版認証取得

2009年08月:ISO/TS16949認証取得

2015年08月:日産自動車株式会社様向けシンクロ納入作業場移転